クラリティには最新の技術が装備されています。

また、性能も優れています。

走行や安全、環境などの性能はそれぞれ違います。

では、今回はクラリティの性能について紹介していきます。

クラリティの走行性能

まずは走行性能です。

走行のマネジメントをしてくれるスイッチがあります。

・ECONモード
・SPORTモード
・HVモード

この3つがあります。

自分で切り替えができます。

さらに運転しやすいように低減速を手元で切り替えできます。

その機能を減速セレクターといい、減速時を4つで変化させることが可能です。

クラリティの予防安全性能

予防安全性能としてはHonda SENSINGが搭載されています。

その安全性能があるため、サポカーSに認定されています。

カメラが2つも搭載されているため、それぞれの役割ごとに運転支援もしてくれます。

車線変更や合流、左折時に見えにくい助手席側後方の状況をナビ画面に表示するLaneWatch。

後退時にクルマの後ろの様子をガイドライン付きで表示するリアワイドカメラ。

運転の安全面で大活躍です。
(出典:HONDA クラリティ)

クラリティの衝突安全性能

予防安全性能以外に衝突した際の安全性能もあります。

電動車専用の専用骨格になっています。

ロードパス構造になっているため、衝突した際の荷重をしっかりと分散させてくれる力もあるのです。

また、7つのエアバックが搭載されているので衝突した際も身をしっかりと守ってくれます。
(出典:運転席用SRSニーエアバッグシステム)

クラリティの環境性能

クラリティの燃費は最高で28.0km/Lとなっています。

EV走行の際に114kmを走行することができ、他の車種よりも最高距離です。

排出ガス基準も75%低減レベルなので、認定車として、認定を受けています。

まとめ

クラリティの性能について紹介してきました。

クラリティの性能は走行面、環境面、安全面で優れています。

なので、安心して走行することができるのです。

やはり次世代HYBRID車は他の車と性能も違いますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!