今は安全性能が重視されるようになりました。

次世代HYBRID車にも安全性能は装備されているのでしょうか?

また、装備されている場合はどのような装備になっているのでしょうか?

では、今回はクラリティの安全性能について紹介していきます。

クラリティの安全性

ホンダの代表的な安全性能として、Honda SENSINGが搭載されています。

Honda SENSINGというのは

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制装置
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付ACC
・LKAS
・先行車お知らせ機能
・標識認識機能

これらをまとめた安全性能のことです。

このすべてがクラリティに装備されており、サポカーSとして認定を受けています。

それ以外にもエマージョンシーストップシグナルという機能が搭載されており、急ブレーキをかけた際に後方車に知らせるために高速でブレーキランプが点滅します。

VSAという機能もあり、横滑りを抑えてくれます。

さらにはヒルスタートアシストがあり、坂道で停止した際に1秒ほど、下に下がらないように抑制してくれるのです。

どれも素晴らしい安全性能ばかりですね。

ホンダセンシング機能とは

Honda SENSINGというのは上記でも紹介したように8つの安全性能をまとめたものです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制装置
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付ACC
・LKAS
・先行車お知らせ機能
・標識認識機能

これらの機能が全て搭載されており、全てをまとめて、Honda SENSINGと言います。
(出典:Honda SENSING)

サポカーってなに?

サポカーというのは自動車の安全性能コンセプトです。

サポカーにはいくつかの区分があり、

・サポカーSワイド
・サポカーSベーシック+
・サポカーSベーシック
・サポカー

これらに分かれています。

サポカーSワイドは

・自動ブレーキ
・ペダル踏み間違え時加速抑制装置
・車線逸脱警報
・先進ライト

が搭載されている車種が選ばれます。

クラリティはこのサポカーSワイドです。

サポカーSベーシック+は

・自動ブレーキ
・ペダル踏み間違え時加速抑制装置

サポカーSベーシックは

・低速自動ブレーキ
・ペダル踏み間違え時加速抑制装置

サポカーは

・自動ブレーキ

このような内容になっています。
(出典:HONDA サポカーの区分)

安全運転を支援

それらの安全性能はありますが、他にも安全運転を支援してくれる装備があります。

車線変更や合流、左折時に見えにくい助手席側後方の状況をナビ画面に表示するLaneWatchや後退時にクルマの後ろの様子をガイドライン付きで表示するリアワイドカメラがあります。

2つのカメラで運転をサポートしてくれます。

まとめ

クラリティの安全性能について紹介してきました。

クラリティにはホンダの最大限の技術の安全性能が搭載されています。

さらにサポカーSにも認定されています。

カメラによって安全性能が向上しているため、とても安全です。

ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!