エアロをつけると印象が違います。

それはフリードにエアロをつけても言えることです。

自作のものもあるのです。

では今回はフリードのエアロバンパーについて紹介していきます。

エアロバンパーとは

エアロバンパーはカスタムする第一歩です。

しかし、メリットとデメリットがあります。

では、エアロバンパーのメリットとデメリットについて紹介していきます。

メリット

・カスタム効果
・空気抵抗を減らすことができる

カスタム効果があります。

また、かっこよくカスタムできるだけでなく、空気抵抗を減らすことができるのです。

デメリット

・早さが出ないと、空気抵抗の効果がでない

速度を出さなくては空気抵抗を減らす効果はできません。

なので、公道などでは意味があまりありません。

カスタム用として付けるといいでしょう。

エアロバンパーは自作?純正?

エアロバンパーは自作することができます。

自作の場合、寸法などの確認が必要です。

また、合わない場合もあります。

純正であれば、お金が多少かかりますが、純正品を購入したほうが安全です。

純正のエアロバンパーを紹介

純正品を購入する場合、価格は66,960円になります。

しかし、カラーによっては価格が変わってきます。

ホワイトオーキッド・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、フォレストグリーン・パールは3,240円が+料金としてかかってきます。
(出典:HONDA FREEDエアロバンパー)

エアロバンパーを付けるとどんな感じ?

エアロバンパーをつけるとどんな感じなのでしょうか?

・3Dビューをチェック
・ネットでイメージ検索

イメージを膨らませるために、3Dを確認するといいでしょう。

全体的を確認することができます。

また、ネットで実際につけている画像をアップしている人もいます。

なので、イメージを検索してみるのもいいでしょう。

まとめ

フリードのエアロバンパーについて紹介してきました。

エアロバンパーをつけるだけでとてもかっこいいです。

純正品のほうが安心ですね。

ホームページやネットでイメージを確認してみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。
(出典:HONDA FREED 3Ⅾビュー)

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!